代表者紹介

野田みさこ行政書士事務所代表、行政書士の野田美紗子です。

ホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

私は福岡で生まれ、大学卒業後、国際線の客室乗務員として勤務しました。

世界中をフライトする中で、たくさんの人と接する機会をいただきました。

結婚を機に退職してからも、人の役に立つ仕事がしたい、子育ての経験を活かして長く働きたいと考え続け、そんな時に出会ったのが、行政書士という資格でした。

子育てをするなかで、以前に比べて社会的に発達障害などがよく知られ、それぞれの子に応じた心と身体のサポートの必要性が高まっていると気づきました。一人ひとりの可能性を最大限に伸ばし、乳幼児期から学校卒業後までを継続して支援する体制の整備が必要だと感じています。

行政書士業務のひとつである児童発達支援事業や放課後等デイサービスの立ち上げサポート等を通じ、子どもや保護者の方々がより快適に暮らせるための環境作りに役立ちたいと考えています。

行政書士は、お客様との些細な会話や仕草からそれぞれのお客様に最適なサービスの提供をするという点で、客室乗務員としての経験が活かせる仕事です。

おもてなしの心で、未来へ羽ばたくお手伝いができる事務所を目指していきます。

 

<代表者プロフィール>

福岡県生まれ。明治大学 文学部 文学科 英米文学専攻卒業。

新卒でJALウェイズ(現・日本航空株式会社)に入社。

国際線の客室乗務員として世界中をフライトする。

結婚を機に退職。

行政書士資格を取得し、野田みさこ行政書士事務所を開設。

ページ上部へ戻る