女性 行政書士

  1. 建設業許可の更新にかかる費用について

    建設業許可は新規で取得して終わりではなく、5年に一度更新の手続きが必要です。具体的には、許可のあった日から5年目の許可があった日に対応する日の前日をもって満了となります。もし期間の末日が日曜日等の休日でも、その日をもって許可の期限が満了となります。

    続きを読む
  2. 決算変更届提出時の必要書類

    建設業の決算変更届は、確定申告とは別物です建設業の決算報告は、税理士が毎年税務署に行う申告とは異なります。建設業の決算変更届の提出は、税理士による税務署への決算申告書をもとに、建設業の許可行政庁(兵庫県知事許可なら兵庫県)に対して決算の内容などを届出します。

    続きを読む
  3. 【障害福祉サービス事業所】業務継続計画とは

    【障害者支援施設】 BCP策定が令和6年度義務化令和6年(2024年)4月から、障害福祉サービス施設においてBCPの策定が義務化されます。令和6年度までの間は、BCP策定の経過措置期間となっています。

    続きを読む
  4. 離婚時の3号分割制度

    年金分割の種類離婚時に年金分割を利用する方法は、2種類あります。合意分割と3号分割の制度です。どちらの制度も、厚生年金や共済年金を対象にした制度です。自営業者が加入する国民年金は対象外となります。

    続きを読む
  5. 離婚公正証書の作り方

    離婚公正証書とは公正証書とは、公証役場で公証人が作成する公文書のことです。執行認諾文言付の公正証書を作成すると、裁判手続きを経ることなく強制執行が可能になります。

    続きを読む
  6. 離婚前後の内容証明郵便利用方法

    内容証明郵便とは内容証明とは、日本郵便が提供するサービスです。誰が、誰に、いつ、どのような内容の文書を送ったかを証明します。ここで証明されるのは、文書の存在であり、内容が真実であるかどうかは証明されません。

    続きを読む
  7. 協議離婚の流れ

    離婚するための方法離婚が成立するには、①協議離婚、②調停離婚、③審判離婚、④判決(裁判)離婚、⑤認諾離婚、⑥和解離婚の6つの方法があります。このブログでは、①協議離婚について、次のことが分かります。

    続きを読む
  8. 離婚届を提出するまでの流れ【協議離婚の場合】

    離婚届の取扱い【協議離婚】協議離婚では、夫婦で合意した内容を離婚協議書や公正証書に記録した後に、離婚届を作成します。この記事を読むと、次のことが分かります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る