通信販売酒類小売業免許

  1. 既存の会社でお酒の免許を申請するには

    別事業をしている法人で酒販免許を取得するには酒類販売業免許を取得するためには、どの免許区分であっても「人的要件」、「場所的要件」、「経営基礎要件」、「需給調整要件」をクリアする必要があります。

    続きを読む
  2. リサイクルショップ店も酒類販売業免許は必要?

    お酒の買取販売業者が増えています近年、リサイクルショップや商店がお酒の買取事業に参入しています。お酒は古物商で扱う古物の対象外となるため、お酒を販売もするためには、「古物商許可」に加えて「一般酒類小売販売業免許」を取得する必要があります。

    続きを読む
  3. 通信販売酒類小売業免許の取得方法にお悩みの方へ

    手引きで得られる情報が少なく、申請の難易度が高い酒類販売業免許のなかでも、通信販売酒類小売業免許は申請のご相談が多い免許です。

    続きを読む
  4. 酒類販売業免許申請サポート

    酒類販売免許申請を行政書士が代行します酒類販売業免許を取得するためには、国税庁のホームページには載っていない申請上の留意点が多々あり、申請が難しく感じるかもしれません。

    続きを読む
  5. 通信販売酒類小売業免許とは

    インターネット等で酒類販売をするには、許可が必要通信販売酒類小売業免許は、2都道府県以上を対象として、インターネットやカタログを送付することを通じて注文を受け、酒類を販売するために必要な免許です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る