酒類販売

  1. 既存の会社でお酒の免許を申請するには

    別事業をしている法人で酒販免許を取得するには酒類販売業免許を取得するためには、どの免許区分であっても「人的要件」、「場所的要件」、「経営基礎要件」、「需給調整要件」をクリアする必要があります。

    続きを読む
  2. 輸出酒類卸売業免許とは

    輸出入酒類卸売業免許とは酒類販売業免許は、「酒類小売業免許」と「酒類卸売業免許」に分類されます。酒類卸売業免許は、さらに8種類に区分が分かれ、そのなかのひとつに「輸出入酒類卸売業免許」があります。

    続きを読む
  3. 飲食店で酒類販売をするために必要な免許は?

    飲食店で酒類販売をするための条件は酒税法上、原則として飲食店では酒類販売業免許を取得することはできません。酒税の適正な管理のため、酒類小売店と飲食店の在庫を明確に区別する必要があるためです。

    続きを読む
  4. 酒類販売業免許申請サポート

    酒類販売免許申請を行政書士が代行します酒類販売業免許を取得するためには、国税庁のホームページには載っていない申請上の留意点が多々あり、申請が難しく感じるかもしれません。

    続きを読む
  5. 通信販売酒類小売業免許とは

    インターネット等で酒類販売をするには、許可が必要通信販売酒類小売業免許は、2都道府県以上を対象として、インターネットやカタログを送付することを通じて注文を受け、酒類を販売するために必要な免許です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る