行政書士

  1. ドローン飛行許可 | 包括申請と個別申請の違いは何?

    包括申請と個別申請の違い航空法上の制限がある空域をドローンで飛行する場合、事前に国土交通省へ飛行許可申請を行う必要があります。申請方法は、「包括申請」と「個別申請」の2種類があります。

    続きを読む
  2. 帰化申請から結果通知までの期間は、どのくらいかかる?

    許可・不許可通知までにかかる期間帰化申請は、平均して10ヵ月~14ヵ月ほどかかります。お客様によって必要書類が異なり、出身国によっても必要な書類が違います。行政書士等の専門家に依頼するかどうかや個々の事情によって、申請~許可・不許可の通知が来るまでにかかる期間は異なります。

    続きを読む
  3. 帰化許可申請サポート

    帰化許可申請を行政書士がサポートします帰化申請が許可されるかどうかは、法務大臣に広く裁量権が認められています。そのため、在留期間が長く、書類に不備がない場合でも、申請が許可されるとは限りません。帰化申請にあたっては要件をクリアし、膨大な書類を準備する必要があります。

    続きを読む
  4. 酒類販売管理研修とは

    酒類販売管理者の選任と届出書酒類小売業者は、販売場ごとに、1名以上の酒類販売管理者を選任することが義務付けられています。酒類販売管理者は、法令を遵守するために従業員等へ必要な指導を行うとともに、酒類の適正な販売管理体制を整える役割を担っています。

    続きを読む
  5. 既存の会社でお酒の免許を申請するには

    別事業をしている法人で酒販免許を取得するには酒類販売業免許を取得するためには、どの免許区分であっても「人的要件」、「場所的要件」、「経営基礎要件」、「需給調整要件」をクリアする必要があります。

    続きを読む
  6. 輸出酒類卸売業免許とは

    輸出入酒類卸売業免許とは酒類販売業免許は、「酒類小売業免許」と「酒類卸売業免許」に分類されます。酒類卸売業免許は、さらに8種類に区分が分かれ、そのなかのひとつに「輸出入酒類卸売業免許」があります。

    続きを読む
  7. リサイクルショップ店も酒類販売業免許は必要?

    お酒の買取販売業者が増えています近年、リサイクルショップや商店がお酒の買取事業に参入しています。お酒は古物商で扱う古物の対象外となるため、お酒を販売もするためには、「古物商許可」に加えて「一般酒類小売販売業免許」を取得する必要があります。

    続きを読む
  8. 飲食店で酒類販売をするために必要な免許は?

    飲食店で酒類販売をするための条件は酒税法上、原則として飲食店では酒類販売業免許を取得することはできません。酒税の適正な管理のため、酒類小売店と飲食店の在庫を明確に区別する必要があるためです。

    続きを読む
  9. 通信販売酒類小売業免許の取得方法にお悩みの方へ

    手引きで得られる情報が少なく、申請の難易度が高い酒類販売業免許のなかでも、通信販売酒類小売業免許は申請のご相談が多い免許です。

    続きを読む
  10. 酒類販売業免許申請サポート

    酒類販売免許申請を行政書士が代行します酒類販売業免許を取得するためには、国税庁のホームページには載っていない申請上の留意点が多々あり、申請が難しく感じるかもしれません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る